まずは信用金庫で融資を受ける

中小企業や零細企業では、まず都銀などの銀行よりも信用金庫で借入れの申込をする事が多いのではないでしょうか。これは信用金庫と言うのが銀行とは考えかたが全く違い、中小企業の味方のような印象があるからだと思います。銀行によっては、融資を受ける為の審査がとても厳しく、三菱東京UFJなどになるとほとんど銀行融資を受ける事は難しいと思っても良いでしょう。

その反面、地域密着型の信用金庫では融資額自体が小さいのもあり、比較的審査が通りやすいので中小・零細企業ではまず信用金庫に融資の相談を持っていくのが間違いないでしょう。

当サイトでも配信していますが、「信用保証協会」付き融資もありますので、信用金庫からすればリスクが少ないというメリットもあります。この為、出来れば融資をさせたいと思っている信用金庫も多いので、まずは地元の信用金庫を数社当たって、一番反応が良いところで融資の申請を行うのが良いでしょう。

信用保証協会付き融資ではなくても、事業内容が良いとプロパー融資を受けれる可能性もあります。プロパー融資では、決められた融資額の間であれば好きな時に使って、好きな時に返済をするという自由度が出てきます。またプロパー融資では金利も安く設定してくれる事が多いので、決算書の内容、事業計画の内容などが良いのであれば、コチラからプロパー融資は出来ないか?という打診はダメ元でも行った方が良いでしょう。

基本的には信用金庫などはお金を貸してその金利で運営をしたいと考えています。しかし近年の不景気の為、なかなか銀行がお金を貸せる企業が少なくなっているのも問題ですね。ただ都銀などと比較をすると信用金庫の方が審査も軽いですし、借りやすいと思いますので中小・零細・個人事業主などの方は信用金庫で融資を受けて信用をつける事から始めるのが良いでしょう。