ノンバンクも変わりつつある

ノンバンクと言うのは、銀行とは違って「融資」を専門に行う金融機関です。銀行や信用金庫とは何が違うか?と言うと、預金機能がないのがノンバンクの大きな特徴です。 資金調達は顧客の預金ではなく銀行からの借入金などがほとんどです。ノンバンクとは、銀行や信用金庫などを除いた貸金業務を営む金融会社のことを指します。文字通り「ノンバンク(Non-bank=銀行以外の金融機関)」であり、銀行のほか信用金庫や信用組合、労働金庫なども含まれません。

ノンバンクと言ってもいくつかの種類があります。まずはノンバンクの種類についてまとめてみましょう。

◎消費者金融会社…個人向けの無担保融資を行なう業者
◎事業者金融会社…事業者向けの融資を行なう業者
◎信販会社…販売信用による融資を行なう業者
◎不動産金融専門会社…住宅関連等の融資を行なう業者
◎クレジットカード会社…クレカによる融資を行なう業者
◎リース会社…機械設備等のリースで融資を行なう業者

ノンバンクと言えば上記のような種類があります。ノンバンクの種類の中では大きな違いはないと思いますが、ノンバンクと銀行では大きな違いが出てきます。

銀行などの金融機関

登録:金融庁の認可を得る
法律:銀行法、信用金庫法等にしたがう
業務:融資、預金、為替業務等を行なう

ノンバンク

登録:内閣総理大臣または都道府県知事
法律:貸金業法にしたがう
業務:貸金(融資)業務を行なう

ノンバンクと言うと、どうしても銀行などの金融機関よりも高金利と言うのが一番特徴的な部分です。会社を経営している時、資金調達は頭を痛ませる一番の要因ですが、順番としては銀行(信用金庫)融資⇒ファクタリング⇒ノンバンクという順番が良いでしょう。

出来ればノンバンクに関しては金利だけでもかなり高くなってしまいますので、利用をしない方向で経営を円滑に進めて行きたいところです。銀行などで融資を受け、返済が厳しい状況になるとリスケジュールという返済条件の変更をする事も可能です。

ただリスケをする事でそれ以上の借入れ、融資は出来なくなりますので、条件変更をする前にはカードローンなど金利が高いところで借入れをして乗り切れるようでしたら、ここで乗り切っておきたいところです。銀行からも通常の融資が出来ない場合はカードローンを勧めて来る事もあります。