日本政策金融公庫について

日本政策金融公庫と言えば、まず最初に事業資金の融資で思いつくのではないでしょうか?昔の公的融資制度はその領域によって細かく分類されていました。例えば小口事業資金や教育資金の融資は国民生活金融公庫が行っていました。日本政策金融公庫は2008年に四つの政府系金融機関が統合して発足、資本金の全額を政府が出資している政府系金融機関です。

日本政策金融公庫と言うのは民間の銀行から資金調達を受けにくい中小企業や、これから起業する方などへの融資を行っています。とくに創業資金には積極的ですから、起業家が利用しやすい金融機関と言えます。日本政策金融公庫は政府系機関ですから、国民から「存在意義があって必要だ」と感じてもらうことが存続するために必要です。「創業融資」は存在意義をアピールするために有効なものといえるので、とても注力しています。

しかし、返済してもらえないような先には決して貸しません。1件でも返済できない先が発生してしまうと、その損失を取り戻すのは大変だからです。ですから、起業家が審査をパスするのは、それほど簡単なことではないのです。

そこで日本政策金融公庫のメリットについてまとめてみましょう。 メリットは大きくわけて3種類あります。

①民間の銀行などに比べて、これから起業する方や創業間もない方がお金を借りやすいということです。

②利率が比較的低く(基準利率2.15%)、最後まで変わらない「固定金利」であることです。

③日本政策金融公庫から融資を受けると、それが「呼び水効果」となって銀行からも借りやすくなるということです。

日本政策金融公庫は融資が受けやすいというイメージがありますが、やはりそれなりの準備をしっかりとしなくては審査が通ることも難しくなってきます。事業計画を元に、しっかりと面談時に説明できるようにしておく事がとても大切になってくるのです。

特に最近の業種(IT関連など)については、日本政策金融公庫の職員達も知識が少ない為、しっかりと説明書類などを作成して、どうして売上があがるのか?どこから入金されるのか?などを理解してもらうまで説明をしなくてはなりません。昔からの製造業や小売り業などは比較的説明もしやすいのですが、どうしても最近の事業は難しいと思っているのが実際の考え方です。これだけでも審査に落ちる可能性も高くなってきますので、多すぎるぐらいの説明書類を作成して面談に挑むのが良いでしょう。

また日本政策金融公庫にはいろいろな制度が用意されていますので、その制度もはじめにしっかりと把握しておかないといけません。自社がどの融資制度に適応されるのか?という事も最初に知っておくひつよがあるというわけです。これによって借入れが出来る限度額も変わってきますし、審査内容も変わってきますので。これから資金調達を検討される場合は、まず日本政策金融公庫に相談をするのが良いと思います。