医学部の合格のために大阪の予備校を利用しました

医学部受験しましたが、あと一歩及ばず浪人することに

医学部 予備校 大阪医学部なら東京・四谷ゼミナール【予備校】

医学部受験しましたが、あと一歩及ばず浪人することに自分も負けないように勉強しなければ合格の通知が来た時には本当に嬉しかった

医学部に通うために勉強をしましたが、あと一歩及ばず浪人することになってしまいました。
やはり、自分だけで学んでいくだけでは限界があるのかなと思ったし、浪人となれば今までと環境が大きく変わるので、自分だけで学んでいくことはより難しくなるなと感じ、悩んだ結果お金はかかりますが予備校に行くことにしました。
どこに行こうか悩みましたが、大阪の予備校で良いと感じるところがあり、学生寮があるところだったので、入ろうと思いました。
本当に大丈夫かなという不安もあったので、とりあえず見学に行ってみることにしましたが、その時に講師のレベルがかなり高いと感じたし、やはり高校の教師とは大きな差があるなと感じました。
普通に予備校に通うだけでは、きっと十分ではないと思ったし途中で投げ出してしまう可能性もあると思ったので、学生寮があるところにすることにしましたが、その選択は結果的にはかなり良かったんじゃないかなと思いました。
日中は授業を受けて、良いと感じる講師の授業なのでわかりやすいし、理解できていないところがあった場合には聞くことができるので、わからないままになることもないし、自己満足で理解したつもりになっているだけということにもならずに済みました。

「夢」を目指す受験生を完全に馬鹿にしている。
受験料詐欺ではないか。
受験方式や定員を変え、基準を明確にし、わかりやすくフェアな判定をするべき。


医学部専門予備校運営のプロが絶望した、この国の「入試差別」の実態(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース https://t.co/MhiEwx41xi @YahooNewsTopics

— 【衆議院大阪18区】泉州の「やっさん」こと「かわとやすし」相互フォロー100% (@humandream1) 2018年8月14日